TOTAL LIFE MANAGEMENT トータルライフ経営

タイトル背景

代表からのメッセージ

皆様の前には、これまでの常識や経験からは、きっと予想もしなかった事態、試練の数々が、今、おありではないでしょうか。それは、土台ごと音を立てて変わりつつある時代の動きとも密につながっております。
これまでの世界を動かしてきた唯物主義や利己主義のもたらす歪みは、もはや超え難い副作用を産み 出しており、根本からの転換が迫られています。そのためには、今一度、人間と世界の関係を元々に遡って捉え直し、そこから全体を編み直すという、新たな生き方が求められています。
だとすれば、私たち自身にとっても、「何故この仕事を選んだのか」「私たちは何を人生かけてしたかったのか」。
その元々に遡り、新たな意志と智慧をもって、事態に向き合い直す必要があるのではないでしょうか。
この経営・医療・教育などの専門分野で私たちをご指導下さっている高橋佳子先生は、まさにこの要請に応えられ、人間を魂と見る人間観・世界観に 基づいて、新たな智慧と実践の道を開いて下さっています。また、その実践を通して、お一人お一人が、生き生きと元気になられ、根源的なエネルギーをもって、全く新しい問題解決や創造の成果を挙げられています。
何故どのようにしてそうなれたのか、そのことを知っていただくために、私たちは、TL人間学セミナーとネクステージ シリーズセミナーの場をご用意しています。
そのお一人お一人の気づきや実践は、流動化する世界の中で、日本に期待されている役割、使命が果たされる「未来」にも、やがてつながる道になると思います。
ご一緒にその道を歩むことができますように、そして時代・社会に開かれた研鑽、実践の場として行われている私たちのセミナーに、皆様のご参加を心よりお待ち致しております。

2015年10月
TL経営研修機構 代表 久水宏之

久水宏之プロフィール

略歴
1931年生まれ。 東京大学法学部卒。
1953年、日本興業銀行入行、調査部長、常務取締役業務部長を経て、1983年退任。
この間、大蔵省の諮問機関・金融問題研究会委員等を歴任。
その後、経済評論家として、執筆、講演、経営相談などを行っている。
プロフィール
興銀の中では、調査、企画、証券部門などの日本の産業、金融の基本に関わる業務に携わる。しかし、これまでの欧米主導の経済が前提とした人間観、世界観の限界を痛感。退任して高橋佳子氏に師事してTL人間学を学び、新しい経済ビジョンを求めての評論活動や経営者の研修などに携わってきた。
執筆先
朝日新聞、毎日新聞、サンケイ新聞、「財界」、「金融財政」、「財経詳報」ほか。

バックナンバー一覧

TL経営研修機構代表 久水宏之 経済評論家

このページのTOPへ戻る