活動紹介

3月23日(土)~24日(日)、「第2次THE GATE Series Seminar第2回」が東京プリンスホテルで開催されました!

経営・医療・教育などの専門分野の方々約1000名が参加

100回目を迎えた専門分野のシリーズセミナー

3月23日(土)~24日(日)、「第2次THE GATE Series seminar第2回」が東京プリンスホテルで開催されました(トータルライフ総合事務局主催)。
1996年より始まった、経営・医療・教育をはじめとする専門分野のシリーズセミナーは、今回で100回目を迎えました。そして今、各分野における「魂の学」の実践の積み重ねによって、社会的にも注目される成果が生まれつつあります。
当日は、真っ青な空のもと、薄紅の桜が咲き始める中で、約1000名の方々が集いました。

カオスに応えるために、後智慧を体得する

セミナーテーマは、「最高の人生のつくり方 グレートカオスの秘密」です。
プログラムは、初回の「第2次THE GATE Series seminar」の高橋佳子先生の講義を視聴するところから始まりました。
その中で高橋先生が説かれる「カオス発想術」──。それは、目の前の出来事や事態を、光と闇が折りたたまれた「カオス」と捉え、その光と可能性を引き出してゆく新たな生き方です。
今回は、その中で、現れた現実を、心と現実の両面から洞察する「後智慧」について、教材シートなどを通して学んでゆきました。グループミーティングでは、「これまで業務改善ばかりを考えてきたが、心を見ることがいかに大切かがわかった」「後智慧からこれほど得られることが多いことに驚いた」など、互いの取り組みに様々な気づきが連鎖し合い、会場の熱は高まってゆきました。
そして、夜の全体研修では、高橋先生の講演映像に「カオス発想術」の極意を学ぶ中で、後智慧によって境地が深まり、智慧に満ちた判断や行動ができるようになることが深く胸落ちしていったのです。

『最高の人生のつくり方』によって開かれる新たな地平

2日目午前中、分野別研修においてさらにシートの取り組みを深めた後、再び一堂に会して行われたシンポジウムでは、セミナーテーマと同じタイトルの高橋先生の著作『最高の人生のつくり方』によって、今、各業界や分野で新たな地平が開かれていることが、経済学者の岡部光明さん、コンサート企画制作会社社長の菊地哲榮さんから報告されました。

心を進化・成長させ、人間の力を解放する「カオス発想術」

そして、昼食休憩の後は、高橋先生の講義です。
先生は、AI(人工知能)のめざましい発展によって、逆に感覚・感情・思考・意志といった人間の心の力を育むことが呼びかけられていること、そしてその心の進化・成長を果たし、人間の力を解放させるのが、まさに「カオス発想術」であることを明かしてゆかれました。そして、お1人の経営者を壇上に招かれ、その具体的な実践を紐解いてゆかれたのです。自らの心を進化・成長させ、いかんともしがたい人間関係を変え、会社を変え、地域まで変えてゆく力強い歩みに、会場からは万雷の拍手が起こりました。
私も、「カオス発想術」を体得し、自分のカオスから最高の可能性を引き出したい──。そのような志を胸に、参加者の方々は、それぞれの分野の未来を切り開く挑戦に歩み出してゆきました。

最終回は7月14日〜15日に開催!

「第2次THE GATE Series seminar」の最終回となる第3回は、7月14日(日)〜15日(月・祝)に東京プリンスホテルにて開催されます。
詳しくはコチラから

参加者の声

後智慧が次の実践を生んでゆくことを心に刻んだ

今回、後智慧の取り組みがとても大きく、「後智慧が次の実践を生んでゆくことを忘れてはいけない」と思いました。
「日々、いろいろなカオスに応え続けることによって、魂の願いに向かう道が開かれてゆく」という先生のお話を聴いて、
「必ずそこに向かってゆきたい」という気持ちが湧いてきました。1つ1つの現実に対して、シートに取り組み、実践してゆきます。
(40代男性・経営・近畿)

高橋先生のお話で、突然、答えが見えて驚いた

昨日は、自分の抱えている問題になかなか答えが見つからなかったのですが、今日、高橋先生のお話をお聞きする中、突然、答えが見えてきて驚きました。また、神理実践報告にも深く共鳴しました。私も一歩を踏み出したいと思います。今回、この場にいられたことがとても幸せに感じました。同伴していただいた方にも心から感謝しています。
(60代女性・経営・東京・初参加)